ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

興味深い文章  「手放す生き方」 アーチャン・チャー長老 著

サンガさんで、アーチャン・チャー長老の本がそろったことで、新たに欲しいなあ、とは思ったのですが、以前、購入した本を再読しました。

 

出村佳子様のHPでの翻訳で、アーチャン・チャー長老を知ったのだと思います。

 

そのときは「面白い!」と思いました、タイでは有名な長老なのに著作が無かったのですよ。 

sukhi-hotu.blogspot.com

 

 

 

で、2011年に出たのですよ、迷わず買いました。

 

翻訳の言葉が「~~じゃよ」とか、「おまえさんは~~~」とか、なんというか親しみやすい翻訳でよかったです。

 

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)

  • 作者: アーチャン・チャー,ジャック・コーンフィールド,ポール・ブレイター,星飛雄馬,花輪陽子,花輪俊行
  • 出版社/メーカー: サンガ
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 48回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

これ、もう絶版ですね、もう単行本では、無いみたいです。

 

文庫本で出ていますね。

 

[増補版]手放す生き方【サンガ文庫】

[増補版]手放す生き方【サンガ文庫】

 

 

 

以前、スマナサーラ先生が、かなり高僧の方は、「そこらにいる、どこにでもいるようなおじいさんと見分けがつかない」「へたすると〇ケ老人と同じ感じ」とおっしゃてました。

 

いいですねえ、こんな表現は好きです。

 

 

で、久しぶりに再読しました。

 

で、最後の部分で、ん?  ん?  です。

 

対象と念じる心の話です。

比較するものがないので、アーチャン・チャー長老の独特の表現で書かれています。

 

すんなり、受け入れたのですね。

似たような表現が下記の本にもあります

 

ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法

ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法

 

 

 

 

すごく興味深いのですが、あまり深く考えないことにします。

類似するもの、比較できるものがありませんから。

 

ただ、これは、目標、目的になりますね。

 

 

詳しく知りたい方は、本をお買い上げ下さい。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。