ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

油断禁物

昨日、3月29日金曜の夜、仕事で帰りが遅くなり、19時頃、帰宅の車の中で。

家人から電話

 

「料理してて包丁で、手、切った」

「ちょっと深い」

 

うーん、この時間、外科クリニックも閉まってるなあ。

 

家人は看護師なので、変に冷静、変なこだわり。

 

「んーー、止血うまくいかなかったら、時間外の救外行こうか」

 

「いやだ、へたくそな縫合だと跡になるから、なんとか止血する」

 

「いやいや、そういう問題じゃないでしょ、あなた」

 

 

帰宅したら、止血がうまくいき、翌日、行きつけの皮膚科クリニックに行きました。

このクリニックの先生はすごい美人というか、きれいな方で、わたしも診察の付き添いをしたかったのですが断られました。

 

すごく細い糸で、丁寧に縫合してくれた、とのことです。

 

で、同じ日、こんどは私が、タイヤ交換をしてて、ジャッキに指を軽くはさんでしまいました、ちょっと関節が腫れたので、氷で冷やし、シップとシーネ。

 

 

家人の手作りシーネ、なんだか笑える、こういうの器用だよな。才能あります。

 

 

こういったケガって、他のことを考えていたりとか、ボーっとしてたりとか、心ここにあらずとか、その作業にきちんと集中していないときに起きやすいと思います。

 

どんな小さな作業でも油断禁物と思った次第。

 

ケガをすると、ほんと、いいことないですもんね。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。