ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

選挙があったので政治を考えてみる。

市議と県議の選挙があり、投票に行ってきた。

 

新聞の選挙公報のチラシで立候補者の顔ぶれを初めて知った次第。

 

ネットで立候補者のことを調べるも、なかなかピンとこない。

 

本当は、集会やタウンミーティングに参加をして、じかに、その方を知るのが一番いいのでしょうが、その時間がありません。

 

また、その方を知ったところで、所属している政党が支持しない場合はどうしましょうか?

 

自分の身の回りの困ったことを相談でき、意見が合う政治家、これはいいと思うのですが、自分が支持しない政党の所属だったらどうしましょう。

 

 

 

政治の話はちょっと複雑です。

 

 

 

でしたら、自分の考えを単純化するしかないかな。

 

 

例えば「無駄遣いをやめる」

 

せっかく税金を納めていても、無駄遣いをされていたらがっかりします。

無駄遣いを、やめるようきちんと主張する政治家、政党がいいです。

 

で、唯一、国の無駄遣いを見ている機関、会計検査院のHPを見ました。

www.jbaudit.go.jp

 

通常、税金は具体的に何に使われているかわかりません、会計検査院の検査が全てではないと思いますが、ちょっと垣間見ることができます。

 

本当はよく読まなければいけないのですが、言葉に「不当事項」とあります。

 

引用

「不当事項」(検査の結果、法律、政令若しくは予算に違反し又は不当と認めた事項)

 

これらが取り上げられ、処置や改善が要求されます。

 

ただ、不当事項をよく読んでいくと、社会情勢の複雑化や、計画通りにいかない場合もあります、悪意はないのですが、ミステイク等で、不当事項として指摘されてしまう。という場合もあるようです。

 

 

私が問題にしたいのは、不当事項の中に含まれる「不正事項」

 

不正事項は、関わった職員が金品を領得するものです、明らかな悪意があります。

例えばこれ、

税金がもったいなくて涙が出る。

report.jbaudit.go.jp

 

 

最近ではこれ、窃盗ですね、意図的な悪意がなければできません。

私の税金です、涙が出ます。

悪意がある行為に金額の多少はありません。

report.jbaudit.go.jp

 

たくさんの方々が納める税金の不正な領得は、仏教的にも、ヤバイ悪行為です、どうなっても知りませんよ。

 

 

これは国の話です、地方自治体にも同じような話はあるでしょう。

会計検査院の調査結果は氷山の一角だと思います。

 

こういった国や地方の無駄遣いに着眼して、指摘を続ける政治家、政党がいたら応援したくなります。

 

いないかなあ。