ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

何かとパーティーと、自分の立場。

スリランカの方とご縁があり、なにかとパーティーに行ってるのですね。

昨日13日もパーティーに行ってきました。

 

 

ここにも書いてました。

 

 

あまり仏教とは関係ないです。

日本在住のスリランカの方たちが集まります。

www.jataka.info

 

 

この頃から、歌と踊りは控えようと思い始めてます。

お酒は最初から飲みません。

www.jataka.info

 

 

 

踊り、歌、お酒はやりません、ひたすらお手伝いでした。

www.jataka.info

 

 

 

みんと集まって、あれやこれやおしゃべりとか近況報告なんかはいいですけど、踊りと歌はやりません、お酒は当然飲みません。

 

スリランカの方は、日本人ほどではないですがお酒を飲む方もいます。

それはそれで、特になにも言うことないです。

 

 

ただ、いろいろ参加しているうちに、スリランカの方の中では。

 

「ジャータカさんは、日本人なのに異様にスリランカの仏教に詳しい、お酒を飲みに誘ったらパンチャシーラはどうしたんだ?そんなんだったら仏教徒やめなさい、と言われ叱られた、あと、踊りも歌もやらない」という話になってます。

 

 

もし、お酒飲むのにパンチャシーラを唱えたらウソになります。

その部分は「くちパク」をしているのでしょう。

 

 

笑える、笑える、ゆかい、ゆかい。

 

 

 

 

ただ、日本人と違って、きちんと自分の立場を表明すれば、それなりに扱ってくれます、日本だと陰でゴニョゴニョ言う方もいますが・・。

 

だから、パーティーに関しては、自分の立場をあらかじめはっきり表明させておけば、いらぬ誤解を受けずに楽です。

 

 

ですから、昨日13日のパーティーは、飲酒とダンスと歌が始まったところで帰りました、楽で、楽しいパーティーでした。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。