ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

結果 楽しいウエサック

ついつい言いやすい言い方になります。

 

ウェーサーカ祭なのですが、スリランカの方とも付き合ううちに、ウエサックと言ってしまいます、ウェーサーカだといまひとつ通じないのです。

 

若い頃だったら器用に使い分けていたでしょう。

 

めんどうくさがりや、なので、言いやすい「ウエサック」です。

 

今年のウエサックは、自分なりに仏教徒としての自覚をもって参加したつもりだったのですが・・。

 

社章ではなく、仏旗章です。

 

 

仏教徒としての自覚はあったのですが。

 

 

恥ずかしながら、全プログラム中の約3割は寝てしまいました。

 

それも前の席で。

 

法話の三分の一は寝てたようです。

 

一緒に来てた法友が苦笑いしてました。

 

 

「いやー、前の日が仕事で・・」とか、「6時の新幹線だったもので・・」

言い訳にはなりませんね・・。

 

そのくせ、木下様のノープランの話は笑い転げて見てて。

「いやいや、布薩日こそ飲んじゃいけんだろ」と勝手に突っ込みを入れて。

 

 

先生は「燃焼経」の法話でした。

 

感覚器官はあれば使いたくなるし、それに燃料を足して振り回されているのを「燃えている」、でも燃えているという状況はロクでもないこと、これを嫌悪して、厭離する。

 

燃えたら逃げる。

 

この理解ではダメダメですね・・。

 

 

先生、すみません、三分の一寝ていたので、サンユッタニカーヤを購入して、再勉強いたします。

 

 

一緒に来た法友とも話していたのですが、これだけたくさん集まっても、みなさん仏教徒ですから、会場の雰囲気は穏やかで、なごやかで、楽しかったです。

 

こういった雰囲気に接することができただけでも、来て良かったです。

 

結果、楽しいウエサックでした。

 

みなさま、ありがとうございました。

 

協会の写真を引用します。

 

 

 

 

私が撮った写真3枚

ステージですね

 

 

木下さまの日本仏教サンガ

1日~31日まで、日替わりで仏教に接することができます。

 

 

法友からのお布施によっていただいたおみやげ。