ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

宗教法人の株主総会みたいなもの。

企業は年に1回株主総会を開きます。

 

参加資格は株主であること、かな。

 

宗教法人は

宗教行事とか法要とは別に、世俗的なこともしっかりやらなくてはいけません。

 

下記の文化庁の宗教法人に関するガイドブックPDF、本当に出来がいいです。

これから宗教法人を作りたい、という方におすすめです。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/shukyohojin/kanri/pdf/h22_shukyohojin_unei_guidebook.pdf

 

これを読むと、宗教法人の世俗的な部分は企業のそれと似ています。

 

役員、規則、財産管理。

 

 

先日、協会の総会があったので初めて行ってきました。

 

和気あいあい、雑談ありの、株主総会、というところでしょうか。

 

参加資格は、パティパダーの購読者であること

簡単ですね。

 

1年間のふりかえり

これからやること

お金の話

役員の話

地方ボランティアの話

 

とても楽しく参加することができました。

 

 

 

他の宗教法人のことは知りませんが。

 

お布施の使い道

役員、

規則

1年に1回ひらく総会

こういったことを知っているのかしら

 

信者さんは、正当な理由があれば、書類、帳簿類を見ることができるんですよ。

宗教法人の適運営に参加できるんですよ。

お布施を出すだけでなく、もっと踏み込んで活動できるんですよ。

知っているのかしら?

 

ほんと、これ読むと、自分のお寺にもっと興味を持つと思います。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/shukyohojin/kanri/pdf/h22_shukyohojin_unei_guidebook.pdf

 

 

で、参加しての印象は、当協会は世俗的な面も健全だな、と思った次第。

 

 

参加した皆さま、おつかれさまでした、ありがとうございました。