ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

十二縁起

このお経が好きなんですよ。

 

でも、あまり唱えることないんですよ。

 

スリランカのお寺でも唱えることあまりないです。

 

お坊様に聞いたら、専門的で「お坊様のお経」なのだとのこと。

 

うーんそんなわけないと思うのですが。

 

 

パティッチャーサムッパード アヌローマン 因縁の教え 順観

パティッチャーサムッパード パティローマン 因縁の教え 滅観

 

下記にお経と音声ファイルを聞くことができます。

j-theravada.net

 

このお経を覚えれば、十二縁起を覚えることができます。

 

この図で勉強しました。

 

 

勉強していてショックだったのは、渇愛、固執、有は現在の因となる、これに過去の因の無明と行が付き従ってくるから、結局、現在の因は5となる。

 

たぶん、普段生活していて、なんの意識もしないで、識、名色、六処、触、受から、簡単に渇愛を生じてしまう。

 

 

受で止めておけばいいのに、受から、すんなり渇愛を生じ、固執を生じ、有を生じる。

現在の因を生じさせてしまうのですね、それもすごい量の。

 

因があるからには、果があるわけで、渇愛、固執、有、無明、の果はなんだか悪そうです。

 

悪い結果を生じさせないように、勉強したり瞑想したりするわけです。

 

全部、しっかりわかった、という感じは、まだしませんが、自分の好きなお経の意味が少しでもわかって嬉しいです。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。