ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

これは、へなちょこ仏教徒の私のことだな

2019年10月6日(日)佐藤哲朗さんをお招きしての勉強会。

 

「暮らしの中の仏教語」のテーマで勉強会

 

その中で「愛」について

 

仏教は「愛」は

タンハー「渇愛」というネガティブな意味と、ペーマ「愛好」という2種の意味があるとのことでした。

 

どうせ愛好するなら、悪いことではなく、善いことを愛好しましよう。

ということで、下記の出典を紹介していただきました。

 

機敏でもないし、俊敏でもないし、解脱もしてない、でもちょっとばかりお釈迦様の教えをかじっている、でも、五根が生じてるか否かはわかりません。

 

悪いことを愛好せず、お釈迦様の教えを愛好すれば、悪趣は避けれていそうです。

 

でも、油断は禁物です、ペースはかなり遅いですが、これからも勉強を続けていきます。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。