ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

これまでになく最高にひどかった

秋晴れの暖かい日

 

日本に在住して30年、ベテランのスリランカ人のご婦人方と会食。

 

会食といっても、公共のフリースペースを借りて、本場のカレーを持参してもらい食べました。

 

私は、柿とリンゴと、大きなお湯ポットを持参しました。

 

話題は、お坊様たちの不行状。

 

天気はいいのに、ダンマトークとは遠く離れてしまいました。

 

 

えーと、もともとの話をすると、仏教の目的は、解脱すること、覚ることです。

これ以外の目的は無いのです。

 

お坊様の最終目標も、これになります。

 

ただ、在家でいると、生きていくために生計を得たり、家族を持ったり、日々の雑務に埋もれてしまいます。

 

お釈迦様は、常に手離すことを勧めています。

 

日々の雑務から離れ、修行に集中し、目的を得るために、出家します。

 

出家は基本的に、在家からのお布施で命をつなぎます。

 

お布施があれば、その分、命が伸びたことになりますし、無ければ、無いでしょうがないです、それで死んでもしょうがないです、それが出家です。

 

で、出家には在家よりもたくさんの決められた決まりがあります。

以前も書いてました。

www.jataka.info

 

 

いやー、会話の内容は

残念ながら

お金、異性、酒。

あーー、うんざり。

 

お坊さまの恰好をしていると、皆からお布施を集めやすくなる。

 

お坊様の恰好はをしていると、下手に働くより、経済的な効率がいいのでしょう、ビジネス的に面白いことができるのかもしれません。

 

だから、破戒しても、お坊様をやめようとしないし、スリランカでは、文化なのでしょうか?在家はお坊様を公に告発したりすることがないです。

 

お坊様自身の内部告発を待つしかないのかな。

 

うむ。

残念ながら、お坊様を見る目は、パーティモッカが基準ではなくて、パンチャシーラになりそう、パンチャシーラ以下のお坊様には近づきたくないですね。

www.jataka.info

 

 

それにしても、いただいたカレーは美味しかったです。

 

 

 

まあ、私としては、そういったビジネスマン僧侶には近づかないこと。