ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ものごとは、ある日突然起きない   『ブッダの教え一日一話』

昨日の続きになります

 

「世は無常か、わかるわかる、オレ以外はな」

いざというとき、私はこの態度でしょう。

無常の理解に程遠いです。

 

 

昨日挙げた、受け入れがたいこと

 

小さいころは、あんないい子だったのに、大きくなったら手をつけられない悪い子になった。

 

なかなか治らないやっかいな病気になってしまった。

 

親しい方が亡くなった、未だに悲しい。

 

ああー、雨が降ってきた、うっとしいなあ。

 

年を取って、身体が衰えてきた、思い通りにならない。

 

 

上記の起こってしまった事象には、起こった理由があります。

 

 

本より引用

すべてものごとは、因縁によって絶えず変化しているのです。なんの原因もなしに、ある日、突然起きるということはありません。

 

 

当たり前のことをおしゃってます。

理由もなく、起こるわけないのですが、でも、起こった事象が受け入れ難いのですね。

 

事実を認めたくない、ということです。

 

 

以前、聞いた先生の例え話です。

 

住んでいた家が災害で壊れてしまった、もう住めない、どうしましょうか?

避難所を探しましょう。

今夜は避難所で泊まりましょう。

避難所では、みんな仲良く。

 

 

 

災害で家が壊れた、苦労して建てた家があっというまに壊れた、もう住めない。

この事実を受け入れられず嘆いてしまいそうです。

でも、原因なく災害は起きないし、原因なく家は壊れないし。

もう、起きてしまったことだし、不可逆だし。

(えーと、無常は不可逆です)

 

状況を観察すると、避難所をさがして、そこで泊まるしかないのですね。

 

私だったら、涙ぽろぽろ嘆いてしまいそうですが、せっかく先生の法話を聞いたので、こういう時にこそ、生かさなくては、と思うかもしれません。

 

「あちゃー、こりゃ住めない、避難所にでも行きましょうか」

「おっさんギャグでもかまして、みんな仲良く」

「落ち着いたら次のことでも考えましょうか」

 

 

アニッチャーは、いつも誤解されるのに、いつも自分の身近にあります、アニッチャーに気づく練習が必要ですな。

 

 

 

文章は短いですが、無茶苦茶深いネタ本です

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)