ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

自分も慈しみを抱くようになろう  『ブッダの教え一日一話』

引用

多くの人々は仏像などにむかって、「どうか救ってもらいたい」と拝んでいます。

 

「お釈迦様、お坊様、どうか救ってください」と言ったところで

頼んでみたところで、それは仏教の実践とはいえないし。

うむ、自分でやってみて、初めて実践といえるからなあ。

 

 

本当のところ「自分の力でなんとかしろよ」が仏教です。

 

日々の実践で、そんなに難易度が高くないもの

これだったらできるは、慈悲の冥想になるのかな。

 

 

 

協会のパンフにあった。

 

 

パンフの裏面

うむ「いますぐできる仏教の実践」と書いてあった。

 

 

 

他に頼むような行為よりはるかにいいです。

頭の中に入れたら自分のものだし。

で、それで自分の心が穏やかになったら、儲けもんです。