ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

拝んで人格は向上するか  『ブッダの教え一日一話』

引用

いくらお地蔵さんを拝んでも、人格の向上はないのです。「どうかお願いします」で終わってしまうのです。

 

先生の話に受け売りですが、仏教徒が拝むというか、手を合わすのは、お釈迦様への尊敬の念です。

 

「お釈迦様、願いをかなえてください」とか「助けてください」とか「救ってください」という、自己中毒のお願いは無いというか、考えにくいというか、道理に合いません。

 

 

さらに引用

超越した存在である如来や仏さまから、功徳や恵をいただいたとしても、人格向上にはなりません。

 

「いただいた」という話は聞いたことないです、「例え、いただたいとしても」です。

 

貰ったところで、自分でやってないのだから、自分のものになっていない、当たり前です。

 

 

でも、世間ではお地蔵様、観音様、菩薩様、如来様「救ってください」「願いをかなえてください」が多数派です。

 

「どうかお願いします」でやっぱり終わるんでしょうね。

1ミリも進まんかったわ。

 

ちょっとうんざりなので、放っておいて、自分は自分の勉強をする、ということです。

 

 

引用元です。

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)