ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

慈しみの心を育てる 『ブッダの教え一日一話』

引用

だから、無理をしてでも慈しみの心を育てなくてはならないのです。

 

 

短い文章です、でもまったくその通り。

 

先生はお釈迦様の言葉を

ブッダは「瞬間でも慈しみの心を育てなさい。それだけでも立派だ」と説かれました。

 

 

生きてるだけで罪深いし、自分だけよければよい、で生きてるので、強引に無理してでも慈しみの実践です。

 

 

この本を再読しましょうか。

 

慈悲の瞑想〔フルバージョン〕――人生を開花させる慈しみ

慈悲の瞑想〔フルバージョン〕――人生を開花させる慈しみ

 

 

 

 

うむ、この本もいいですよ

 

慈悲の瞑想 慈しみの心

慈悲の瞑想 慈しみの心

 

 

 

 

 私個人のチョイスで恐縮ですが、瞑想会の際に持ち歩いた本です。

放逸な仏教徒は、瞑想会に行く電車の中で、この本で、にわか予習をしてました。

瞑想に必要なことは全て書いてあります、文庫サイズなので持ち歩けます。

 

心がフッと軽くなるブッダの瞑想 (だいわ文庫)

心がフッと軽くなるブッダの瞑想 (だいわ文庫)

 

 

 

 

慈悲の実践をしましょ。