ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

修行してもご苦労さまで終わる 『ブッダの教え一日一話』

仏教読みの仏教知らず、とは私のことです。

 

「ご苦労様」で終わるパターンですね。

 

 

 

たとえば、戒を守らず、お布施ばかりする人とか、戒やお布施に興味がなく、瞑想ばかりする人とか、戒も守らない、お布施もしない、瞑想もしない、でも仏教には興味があって勉強ばかりしてる。

 

いろんなパターンがあります。

 

まこと私見で恐縮ですが。

 

仏教の勉強、普段の生活における戒、バーワナー、この3つがバランスがとれているほうがいいと思います。

 

また、仏教の勉強ができなくても、瞑想がうまくできなくても、普段の生活で戒を守って、慈しみで生活する方は、いいなあ、と思っています。

 

バーワナーしてもご苦労様で終わるパターンは、慈悲の心を育てない、戒を守らない、というパターンではないかと思います。

 

ちなみに私は、勉強は苦手、たまに破戒、バーワナーはへたくそ、といったら、もう慈悲の実践しかありませんね。

 

引用

慈悲の心のない人は「自分だけよければ」という生き方をしています。

 

 

短い文章ですが、いつもながら身に沁みます。

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)