ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ブッダの瞑想とは 『ブッダの教え一日一話』

引用

「生きることとは何か」を発見することが、ブッダの瞑想なのです。

 

 

テーラーワーダ仏教の瞑想で、何か特別なものはないし、時や場所を選ばなくてもできるし、お坊様から瞑想指導を受けることもできるし、ネットでも、本でも勉強することができ、実践もできます。

 

でも、私も含めほとんどの方が該当すると思いますが、瞑想ってイヤなんですよね。

 

たぶん、人間にとって一番イヤなことをしていると思います。

 

いろいろ考えていたいし、考えをめぐらし妄想するのは楽しいし。

 

お釈迦様は、「それをやめたみたらどうですか?、自分をよりどころにして、慈悲の瞑想や、ヴィッパサナーをやってみたらどうですか?」とおしゃっているかのようです。

 

思考や妄想を停止させるって、けっこう厳しいことではないでしょうか?

 

時間や場所をとって瞑想してても、自我や思考が割り込んで、いつのまにか、自己流の瞑想をしてたり、とか。

 

「瞑想ハイ」になってしまって、いつのまにか、自覚のないまま瞑想に依存してたり、とか。

 

人間の自我、思考、妄想はけっこう狡猾でかなり手ごわいです、無意識のうちに入り込みます、自分が正しいという意識を勝手に補強します、これには連敗しまくると思います。

 

これとの闘いというか、観察をし続けることになりますね。

 

私見で恐縮ですが、私がやっているのは「日常の瞑想」です、放逸が多いので観察を失念することもありますが、時間や場所の制約がないので、やっています。

 

以下にあります。

j-theravada.net

 

引用しますね。

一日じゅう、なさるいかなる行為でも、気付きながら、観察しながらなさったほうがよいのです。

 

放逸な私の場合はこれがいいみたい。

まだ「生きることとは何か」はわかりませんが。

 

 

 

 

 

今週の章は瞑想関連になりそうです。

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)