ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

感情だけを実況中継する 『ブッダの教え一日一話』

ものすごく困ったときに、便利なのは仏教です。

 

悪感情に囚われてて、なかなか抜け出すことができない。

 

引用します

そういうときは、その感情だけを実況中継してみてください、

怒りがあれば「怒り、怒り」

嫉妬があれば「嫉妬、嫉妬」

落ち込みがあれば「落ち込み、落ちこみ」と。

するとその感情は消えていきます。

 

私自身も悪感情に囚われることがあります。

これを実践すると、まあ、後から思うのですが、「なんとまあ、役に立たない、どうでもいいものを大事に大事に持っているんですかね」

囚われているときは、わからないから、手放そうとしないのですよ。

 

自分にとって役に立つもの、大切なものを持つようにすればいいのに、しないのですよ。

 

私自身、悪感情を持つことが好きなんでしょうね。

 

話はちょっと逸れますが、「実況中継」は先生が瞑想指導の際、手に入れた言葉とのことです、私はラフに「生中継」と言いましようか。

 

悪感情に囚われたら、その感情を「生中継」「これはライヴだ!」ということで。