ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「我」が次第に消えていく 『ブッダの教え一日一話』

下記で先生は自我を「砂のお城」に例えています。

j-theravada.net

 

ちょっと引用しますね

砂のお城

子供たちが砂のお城を作っているとしましょう。砂と水がうまく混ざってないと、お城は 作れません。やっと、砂のお城ができあがる。それから、どうなるでしょうか? 周りの砂 と、砂のお城は違います。お城を丁寧に扱わなくてはいけない。誰かに蹴られて壊されないように、周りに柵でも作らなくてはいけない。砂のお城を見ると、楽しくもなるのです。でも徐々に水が蒸発して、砂のお城は壊れていきます。「お城がなくなった」と言うかもしれませんが、何もなくなっていないのです。砂のお城を作ったからといって、何か新たなものを作ったわけでもないのです。そこに「砂のお城」という分別( ふんべつ)が現れて消えただけです。

 

 

 砂のお城を勝手に作って喜んで、壊れないようにして、壊れたら悲しんで、で、お城はただの錯覚であると気づかない。

 

現れて消えただけだと、気づかない。

 

私の日常生活は「砂のお城」の連続です。

 

砂のお城の気づくことで、

 

本より引用です

修行が進めば、出しゃばりもなくなって謙虚になって、みんなの面倒をみながら、楽しくやていけるようになります。

 これができないようだったら、「自分はまだまだ遠い」と思うことでしょう。

 

 

 

さて、話は変わりますが、上記にリンクに武器の話が出てました。

 

自我の錯覚に覆われていると、銃や刀や、自分の身を守ること以上の武器を持つようになるのでしょうね、銃や刃物は人を殺傷する可能性があります。

 

必要なものは2種類しかない、と先生は説きます。

自己防衛

誰だって、自己防衛に必死です。言葉を換えると、自分を守るために武器をとる気持ちを抱いているのです。なぜでしょうか?

自分という虚妄分別があるからです。自分を守る武器は二種類です。
① 家、服、靴、帽子、傘などなどは、自然環境から自分を守ってくれる武器です。
② 蚊取り線香、殺虫剤、防犯システムなどなどは、他の生命から自分を守るための武器です。外国では、拳銃、刀などの武器も持っているのです。自分という自覚が本当は錯覚であるならば、武器を持つ意味がなくなるのではないでしょうか?
覚者には、虚妄分別がないのです。ですから、attadaṇḍesu nibbutaṃ 武器をとる気持ちが消えているのです。

 

自分だけ勝手に自我の錯覚をしている分にはいいですが、錯覚が行き過ぎると人を殺傷します、銃や刃物にはその可能性があります。

 

でも、世の中は、自分を守る以上の武器に溢れてますね。

 

「我」が消えていくことは、自分にもいいですし、周りとも楽しくやっていける道です、それに気づけば、少しはうまくいってるのでないでしょうか?

 

 

おおー 明日28日は「食事の瞑想」だ。

一人でお留守番というか、大掃除をしますので、昼食は食事の瞑想をやりましょう