ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

苦から苦への引っ越し  『ブッダの教え一日一話』

1月7日のテキストから引用

テキストから引用します。

歩いている人は、自転車のほうがいいと思います。自転車の人はオートバイ。オートバイの人は車。普通車の人には、より豪華な車のほうがいいと感じるでしょう。

 

以上は、どこにも楽はなくて、苦から苦へのお引越し。

 

苦が生まれるのは、自転車、オートバイ、普通車、高級車への対応が間違っているからでしょう。

 

 

下記のテキストに五取蘊の詳しい話がありました。

 

一部引用

五蘊は無常で苦です。それは世間にあるすべての現象を同じものです。しかし、五蘊に「私です」「私のものです」という執着が生まれたら、それは限りのない悩み苦しみの原因になってしまうのです。

 

で、カバンの例えです

カバンはただ「カバン」だったら苦しみはありません。「私のカバン」と言ったところで苦しみです。

 

中略

どこで何も五蘊を捨てるわけではありません。五蘊を捨てるとは自殺です。そうではなくて五蘊に対する執着を捨てるのです。

カバンを捨てるのではなく、カバンに対する愛着を捨てるのです。カバンはひとつの品物であると客観的に知ることができれば、カバンに対する正しい対応の仕方も自然に見えてきます。

 

自分の自転車、自分のオートバイ、自分の車、自分の高級車と、執着することで苦しみは続くのでしょう、所有するわずらわしさを、わずらわしい、と思ったらそれも苦しみです。

 

ただ、自転車、オートバイ、車、高級車は、「ただのモノ」なので、これを捨てるという話ではなくて、これに対する執着を捨てる。

 

考えてみたら、どれも単なる移動手段なので、必要なときの移動手段の道具として使用して、移動の必要がなくなったらいらなくなる、というだけの話です。

 

そこには苦はなさそうです。

 

苦から苦への引っ越しを和らげるヒントがありそうです。

 

 

今日のテキスト

 

 

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)