ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

かぶりものを入れ替える 『ブッダの教え一日一話』

引用

多くの人は「かぶりもの」を次から次へと入れ替えます。会社の「かぶりもの」、家庭の「かぶりもの」、友だちのまえでは友だちの「かぶりもの」と、その都度、適当に「かぶりもの」を選ぶのです。

 

 

うむ、昨日、私も同じこと言ってました。

家では「旦那」 家族では「父」 会社では「社員」 勉強会では「法友」

かぶりもの というか立場があります。

それは、まあふつうにこなしています。

 

で、テキストでは、先生は「上手に」とおしゃってます。

不器用なので「社員」のかぶりものは下手くそみたい。

 

ではなくて。

 

引用

「自分」とはその都度入れかわる代物にすぎない

 

内なる「自分」ですね、問題は。

 

これですこれです。

 

中の「自分」ですな。