ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

仏教が嫌いな仏教徒

パティパダーがきました。

 

涅槃図ですね。

 

 

で、気になる巻頭法話を切り取ってしまいました。

 

 

 

一番大事なことはやらないで、仏教徒をやってるつもりになっているんでしょうね。

先生は「拒絶」という言葉を使ってます。

 

知らず知らずに「拒絶」するのはタチが悪いです。

 

自分にとって都合よく解釈した結果の「拒絶」に注意です。