ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

死ぬまぎわでも悟れる 『ブッダの教え一日一話』

これ読んでいたら下記の本を思い出しました。

 

いのちの最後の授業

いのちの最後の授業

 

 

カンポンさん、事故で寝たきりになってしまいます。

 

カンポンさん、病床で、不自由になった自分の体をよりどころにして、観察と気づきを実践していきます。

 

これ、本当に素晴らしいです。

 

ぜひ、買って読んでください。

 

万が一、自分自身が事故や病気で入院したり、病床にいても、カンポンさんのこの話を聞くと元気が出ます。

 

仏教徒は、どこにいても、どんな状態でもやることがある。ということです。

 

 

しかしながら、昔、痛風になったことがあり、かなりの痛みに襲われました。

ダメでしたね、痛みで我を忘れてしまいました。

観察もへったくりもありませんでした。

ダメダメで死ぬんでしょうね、ダメ仏教徒です。

 

 

テキストから引用です

死ぬ間際でも、いまの自分の痛みや身体の感覚、不自由であることなど、観察できます。

そして、これまで生きてきたのに、すべて自分から離れていくと観察すると、すぐに「無常」と「無我」に遭遇します。

「生は虚しいことで苦しみであった」と体験します。こうして死ぬまぎわまでも悟る可能性は大いにあるのです。

 

 

私見です

死ぬ間際に三相がわかり、正見をもって身体とお別れ。ということかな。

 

 

仏教徒は死ぬまぎわでも、しっかりとやることがある、ということです。