ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

病気はチャンス  『ブッダの教え一日一話』

昨日のカンポンさんの本。

カンポンさん、事故後の不自由な体で大きなチャンスを得ています。

 

 

いのちの最後の授業

いのちの最後の授業

 

 

 

目次の前に下記のことばがあります。

「たとえ身体に苦しみが生じても、心まで苦しむことはありません」

 

 

本はメッセージが57綴られています。

1番目です

 

煩悩は何を恐れる?

 

煩悩が恐れていること、

それは気づきが間に合うことです。

だそれだけでなんです。

気づきが間に合った瞬間、

煩悩は消えてしまうからです。

 

 

テキスト引用

病気になるのはつらいことです。

しかし、「ああ、人生とはこういうものか」と気づくチャンスなのです。

 

 

私見で恐縮です

仏教を知るまでは「病気怖い、死が怖い」と思ってました。

今でも怖いですが、無闇に怖がることがなくなったような気がします。

病気になっても、死ぬまぎわでも、やるべきことはけっこうありそうです。

 

テキストです

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)