ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

はやいもの勝ち  「ブッダの教え一日一話』

ふだんの生活で、「はやいもの勝ち」というと、スーパーで限定何個という商品を急いで買ったり、ほかにも、早く並んだものの勝ちというか、そういった場面もあります。

 

これを書いている時点、新型コロナウイルスの広がりでマスクが不足しています。

マスクでも「早く手にいれたい」という動きがありました。

これも早いもの勝ちでしょう。

 

人間は自分の損得に敏感なので、とくに金銭やモノが絡むケースで「早いもの勝ち」という場面をよく見ます。

 

 

 

ここでは金銭やモノの「早いもの勝ち」よりも、もっと有益に「早いもの勝ち」の法則を運用しましょうよ、という話です。

 

テキストより引用

怒りの感情が入り込んだときに、その瞬間に気づかないと、ウイルスのときのように瞬時に増幅してじまうのです。爆発するまで増幅してゆくのです。

「はやいもの勝ち」という法則は、自分の感情に打ち勝つときに使うのです。

 

 

怒りの感情に早いもの勝ちをすることが、確実に自分のものにできる利益を得ることができそうです、こっちの利益のほうがいいです。

 

 

毎日使うテキスト

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)