ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

波立たない心  『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用

自由な心とは、どんなことがあっても波立たない、揺らぐことがない心です。

揺らがない人は、何か反論されても、感情的になることはないのです。

感情的になるのは、すでに「負けている」ということなのです。

 

2月8日の項は、これでおしまい。

 

 

 

 

私見で恐縮です。

 

えーーと、毎回、連敗中です。

怒る、ということは負けてる、ということです。

仏教では、へこんだり、おちこみも、怒りになります。

へこんでんな、おちこんでんな、というのも、「感情的」になっている怒り、ということです。

 

怒りを我慢するのも怒りです。

「ぐっとこらえる」ってのもありますが、これもNG。

 

理性を装っているのもNG アウト!

 

 

ということは、連敗中ですなあ。

 

怒りに、頭や心が覆われてしまうのですが、それに気づくことができます、いつもそこからの逆転を目指すことになります。

 

で、齢を取ったせいでしょうか。

怒りの場面に出くわすこともありますが、たまに「プーっと」笑いに吹き出しそうになります、相手のことを笑っているつもりはありませんが、なんだか、このシチュエーションが楽しいのですね。

 

これは若かった頃にはなかった現象です。

 

はぐらかしているのでしょうね。

 

「波立たない」境地は、まだまだ遠いですが、はぐらかすことはできそうです。

 

 

毎日使うテキスト

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)