ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

延焼しないように身を守る 『ブッダの教え一日一話』

これも短いですねえ。

 

テキスト全文引用です。

 

怒ると、怒ったその人は怒りの炎に燃えているのです。

それに対して怒り返すと、相手の炎が自分に燃え移ることになります。

延焼しないよう、身を守ることが大事です。だから、人が怒っても自分は決して怒らないことです。

 

 

 

私見で恐縮です。

 

日常生活では「怒りのギフト」に見舞われますね。

いらないんだけど、他の人が、よく、くれるんですよ。

ご本人も「くれる」という自覚がないのかもしれませんが。

ホントいらないんですよね。

 

ただ、間違って、油断して、貰ってしまうと、いいことがないギフトなんですよね。

「毒」なんですよね。

 

 

だから

「いりません、あなたの作ったギフトです、あなたのものです、あなたが味わいください」です。

 

 

 

この話を聞いて、なにかのパクリと思った方は鋭いです。

下記に侮辱バラモンの話が出ています、すみませんパクリました。

j-theravada.net

上記リンクには、「怒り」について先生の詳細な法話が掲載されています、ぜひご覧ください。

 

それにしても、怒りについては、話が尽きることはないですね。

 

毎日使うテキスト

2月は「怒り月間」です

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)