ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

自分のエネルギーで燃え続ける 『ブッダの教え一日一話』

引用

へこんだり落ち込んだりする怒りは、自己破壊的です。幸福になるエネルギーをなくすのです。

 

 

「怒り」の勉強になる下記のリンクを参照します。

j-theravada.net

 

 

ここでは、怒りは二つあると説いてます。

 

 

引用

怒りは二種類に分けて考えることが出来ます。(1)内面に向かった怒り (2)外に向かった怒りです。
内面に向かった怒りとは何でしょうか。それは、自分自身のことで不平不満を感じたり、失敗や物事が上手くいかないことに落ち込んだり、悩んだりすることです。自己嫌悪と卑下も、内面に向かった怒りです。
外面に向かう怒りとは何でしょうか。他人に対して、様々な出来事に対して怒ること、嫌な気持ちになることです。自分が怒った原因、嫌な気持ちになった原因、落ち込んだ原因は、外にあると思うことです。外に対して攻撃的な体勢を取ることです。

 

2つとも結果は自己破壊です。

 

 

で、上記リンクでは、怒りのひとつの原因に「慢」があると言ってます。

 

今日、初めて知りました。

 

仏教を学んでいる方にはわかると思いますが、「慢」はやっかいです。

最後の最後までつきまといます。

 

「慢」の話を聞いて、怒りに対して無力感を感じてしまうところですが、簡単にはあきらめないのが仏教徒です。

 

 

経典の言葉を引用します。

経典の言葉

    • Kodhaṃ jahe vippajaheyya mānaṃ,
      Saññojanaṃ sabbaṃ atikkameyya;
      Taṃ nāma rūpasmim asajjamānaṃ,
      Akiñcanaṃ nānupatanti dukkhā.
    • じんを捨て慢を離りし すべての絆 超えよかし
      ナーマルーパに無執着  無一物者を苦は追わず

 

 

うーむ、お釈迦様はすごいことをあっさりおっしゃてしまう、無駄がない、その通りです。

 

 

ひとまず、自分の足元を見て。

勉強会で習った言葉

「理解、理性、智慧」を実践したいと思っています。