ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

嫌な人と一緒にいると  『ブッダの教え一日一話』

引用

だから延焼する前に、相手と仲良くするか、忘れるしかないのです。

 

私見になります。

 

まあ、あれやこれやされて、「嫌な人」と感じてしまうのでしょう。

「自分が正しい」と思いこんで、「嫌な人」と感じてしまうのでしょう。

 

自分が勝手に思い込んでる「嫌な人」

その人のことを勝手に「嫌な人」と思いこんでること自体、その人に対して失礼ですよね、見てないところで悪口を言ってしまえば、その人の存在を貶めているようなことをしてしまうでしょう。

 

慈悲の瞑想では

私の嫌いな生命も幸せでありますように、 とか

私を嫌っている生命も幸せでありますように、とか

 

お釈迦様や先生のおしゃってることを守ってない、ということです。

仏教徒として、ヤバイ、ヤバイ、です。

 

 

だから一番は

「なかよく」

 

二番は

「忘れる」

 

勝手に3番を作りました

「はなれる」

 

 

まだまだ弱っちいので「はなれる」です。

 

毎日使うテキスト

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)