ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

恨む相手の操り人形に  『ブッダの教え一日一話』

引用

ケンカしている相手に勝ちたいのなら、怒りは捨てることです。

 

いきなりです。

なんだか仏教的な言い回しではない感じがします。

 

 

ケンカに勝つ、というと、相手に負けず言い争うとか、暴力を使うとか、そういった意味を連想します。

 

でも、そういったケンカだとキリがありませんね。

 

そういったケンカに勝ったところで、また相手の恨みを買い、火種は残り、また同じ争いをすることになるでしょう。

 

仏教の「ケンカに勝つ」は、「お互い、やり返すケンカに勝つ」という意味ではありません。

 

自分の怒りを捨てることで、お互いやり返すケンカも捨ててしまう、火種は残りません、仏教の「勝ち」は、とても合理的です。

 

 

 

カーっとして怒り、相手に感情的に言い返したら、「とっくに負けている」という自覚ですね、私の場合、いつもここから始まってしまうのですが・・・連敗中です。

 

 

今月は「怒り月間」のテキストです。

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)