ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

怒った時点で敗北宣言  『ブッダの教え一日一話』

全文引用

怒るのはカッコわるいことです。

理由はどうあれ、怒るのは敗者です。

だれひとり、この人生で負けたくないのです。何事も勝利をおさめて進みたければ、いかなる場合にも怒らないことです。

怒った時点で、その戦いは自分で敗北宣言をしたことになります。

 

 

私見で恐縮です。

 

これ、ものすごく厳しいというか、スキのないことをおしゃっているんですよ。

 

仏教徒は「のんびり、のほほーん」しているように見えますが、けっこう厳しいところもあるのですよ。

 

下記の本を思い出しました。

私は「怒り」についての決定版みたいな本だと思うですが・・。

 

怒りの無条件降伏: 中部経典『ノコギリのたとえ』を読む

怒りの無条件降伏: 中部経典『ノコギリのたとえ』を読む

 

 

上記の本がとっつきにくければ

下記の本をどうぞ

 

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

 

 でも、いずれ上記の本も物足らなくなると思うので、物足らなくなったら『怒りの無条件降伏、のこぎりの例え』をどうぞ。

 

 

『怒りの無条件降伏』に中部経典の『のこぎりの例え』の解説があります。

 

たとえ、賊にに捕まって、手足をのこぎりで切られようとも、相手に対して慈しみの気持ちを失ってはならない、と説きます。

 

例え、殺されても、相手に対して慈しみの気持ちを持ち、慈しみの瞑想は完成させななさい、ということです。

 

「厳しい! できるわけない」と思う方は本をお読みください。

 

ですから「怒った時点で敗北宣言」は、とてつもなく厳しいことを、怒りに対してスキのないことをおしゃっています。

 

で、仏教徒はこれの実践しかないんですよね。