ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

怒らないのは勇者だけ  『ブッダの教え一日一話』

引用です

私たちの生きている環境は、親切にされることよりも不親切にされることのほうが多い。うまくいくより、いかないほうが多いものです。

弱きものがそれに対して怒ります。

勇者は「うまくいかないのが当たり前」と思って落ち着いているのです。

勇者は怒らないのです。

 

うむ、ここでいう「勇者」とは、怒りを捨てようとしている人ですかね。

 

先生がおしゃっている「勇者」の単語を探してみました。

たぶん、経典のどこかにも「勇者」という単語があるのかもしれません、そのあたりの知識がないので、なんとも言えませんが。

 

下記リンクに「真の勇者とは」という法話があります。

www.dananet.jp

 

「善いことを実行する」です。

「悪いことをしない」です。

以上のことをする人を勇者と言ってるのですね。

 

 

ふだんの生活だと、しんどいことが多いです、ましてや悪いことをしないで、善いことをするって、けっこうしんどいです、でも、しんどくてもやってみたら。

 

怒りだけではなく、こころに善いことしてみたら。です。

 

 

毎日使うテキストです。

 

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)

ブッダの教え 一日一話 (PHPハンドブック)