ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

心を具体的にはっきりつかむ  『ブッダの教え一日一話』

昨日の続きになります。

 

昨日の引用

(怒った心の動き)その心の動きに気がつくことが、心をおさめることになります。

 

さて、何を手がかりにして、自分の心に気づきましょうか?

 

仏教は常に具体的です、曖昧さはありません。

 

テキスト引用

怒りという心があるとき、心の中をさがしても怒りは見つかりません。

しかし、怒りの心は、荒々しい呼吸や、こわばった顔の表情、力の入った肩など、具体的に心にあらわれます。だから、こころの動きに気がつくためには、体の変化を、そのときしっかりとつかむのです。

 

自分の体を手がかりにして、心をとらえる、ということです。

 

体の変化は、気づくでしょう。

 

結局、気づきに実践の大切さ、がわかります。

 

 

 

日頃、ヴィッパサナー瞑想や、慈悲の瞑想や、気づきの修行をやっている方なら、わかる話だと思います。

 

 

毎日、実践のテキストです。

 

ブッダの教え一日一話 今を生きる366の智慧 PHPハンドブックシリーズ

ブッダの教え一日一話 今を生きる366の智慧 PHPハンドブックシリーズ