ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

怒りは二倍三倍と燃えさかる   『ブッダの教え一日一話』

引用

ある人が、私に対して、何か気にくわないことがあって怒ったとします。

それに対して私が怒れば、相手は「怒るとは何事か!」と怒りを増幅させるでしょう。

そして、私もまた応酬して怒れば、相手はさらに怒ります。

 

 

怒りの応酬はエンドレスだし、規模は2倍3倍になっていく。

 

 

ダンマパダ(5)を思い出しました、引用です

 

じつにこの世においては

怨みにたいして怨みを返すならば、

ついに怨みの鎮まることがない。

怨みを捨ててこそ鎮まる。

これは普遍的な真理である。

 

「怨み」とは「怒り」のことです。

 

ダンマパダ(5)は真理です。

でも、人間は無自覚のうちにやってしまうんですよね。

お互い、怒りに包まれてボウボウ状態です。

私もそうです。

 

「怨みを捨てる」→「怒りを捨てる」

 

捨てるには、「慈悲の瞑想」がいいみたい。

 

しつこく実践です。