ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

小さな怒りが燃えあがる 『ブッダの教え一日一話』

今年はオリンピックイヤーなので、2月29日があります。

 

ですから、今年は本の表紙のとおり

「今を生きる366の智慧」です。

 

私見です。

 

怒りは負けだし、怒りは愚かだし、怒りは無智だし、

 

「自分は絶対正しい」という根拠はどこにもないから、でも自分が正しい、とくに「絶対正しい」なんて思ってると、なんていうか、苦労しますよね。

 

私は先生から、「人間のすることに絶対はない」と聞きましたので、ふだんのシャバに塗れた生活で、自分の考えに固執することはなくなりました。

実際、いろいろなアイデアがありますから。

 

ただ、自分の考えに関して、根拠のない固執をしてたら、周りに摩擦が生じたでしょうね。

 

 

引用

たった二人のケンカでも、怒りが燃え上がってどんどん広がり、国と国との戦争になることさえあります。

 

悲しいかな、そういった愚かな事例はたくさんありますね。

 

 

怒り月間の2月が終わります。

さて、少しでも怒りを手放す練習はできたでしょうか?

 

2月が終わります。