ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

鳥たちは自分の翼だけをもっていく 『ブッダの教え一日一話』

引用

ブッダが、比丘たちに言いました。

「鳥たちはどこに行くにしても、自分の翼だけをもっていく。何も荷物はない。しかし、どこにいても完璧である。だから比丘たちも三衣一鉢だけでいいのだよ」と。

 

 

 

下記リンクに修行者が還俗した話がのってます、なぜ修行者は還俗してしまったのでしょうか?

online.sbcr.jp

 

 

ためこみ、という厄介な問題に効く本です。

 

 

 

 

 鳥は自分の翼を持っていきますが、別に翼に執着しているわけではありません、比丘たちも三衣一鉢だけを持っていきますが、これに執着しているわけではありません。

心が執着してないので、自由です。

 

 

あと、どうせ求めるなら本物を求めましょ。

j-theravada.net