ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

究極の楽しみを得る道  『ブッダの教え一日一話』

引用

しかし、仏教の実践とは、楽しみを得るためにあるのです。

 

 

執着を捨てるためには「捨てる道」を歩まなければなりません。

 

 

下記の本

執着から離れるヒントが書いてあります。

 

執着しないこと

執着しないこと

 

 

 

目次は捨てる項目になっています。

 

「妄想」を捨てる

「自分」へのこだわりを捨てる

「他人」へのこだわりを捨てる

「モノ」へのこだわりを捨てる

「過去」も「未来」も捨てる

「老・病・死への不安」を捨てる

 

おわりに 「笑い」でエネルギーを満タンにしよう

 

 

最後の「笑い」が気になりますね。

なるべく「怒り」を入れないようにすることだと思います。

 

本には「怒り」「欲」は執着から生まれる、とあります。

 

「笑い」は、「怒り」や「欲」から離れていると思うので、執着から「怒り」や「欲」が起こっても、笑い飛ばす、という心がけがいいのかもしれません。

 

ふだんの生活では、あまりにも「執着」にまみれて身動きできないくらいですから。