ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

人生の歯車 『ブッダの教え一日一話』

テキストより抜粋

 

私たちが依存するもの

 

金儲け

仕事

賭けごと

お喋り

テレビ

ブランド

健康食品

読書

インターネット

 

自分が好きだと思ってやっている「こと」や「モノ」

 

限りなくあります。

 

 

引用です

それがなんであれ、依存すると本来なすべきことを後まわしにして、「いま何をすべきか」がわからなくなるのです。

 

 

 

慈悲の瞑想フルバージョンの最初に部分を思い出しました。

引用します

私は幸せでありますように。私の心に現れる悩み、苦しみが徐々に消えていきますように。怒り、嫉妬、憎しみの感情は人の心を苦しめます。苦しみである怒り、嫉妬、憎しみが、私の心に起こりませんように。怒り、嫉妬、憎しみの妄想を育てないように努めます。私の思考が慈しみの思考になりますように。私は「物事が常に変化して消え去るものである」と観察します。私は過ぎ去った出来事に囚われないように精進します。私は将来のことに執着して悩まない、不安にならない人間になります。私は今ここで、するべきことに集中します。

 

 

 

執着、依存する対象も常に変化して消えさるものと観察し、いまここで、するべきことに集中します。

 

これに尽きます。

 

 

慈悲の瞑想フルバージョンというよりも、仏教のすべてがコンパクトに全部入ってます。

j-theravada.net

 

 

今月のテーマは、執着、依存です。