ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

いいことに依存するな  『ブッダの教え一日一話』

記憶が曖昧で恐縮ですが、たしか法話で瞑想を優先させて家族の行事とか、家の中の役割を疎かにしている方の話がありました。

 

ご本人は、仏教の瞑想は、とてもいいことだから、他のことはやらなくていい、というお考えなんでしょうが。

 

たしか、先生にお小言をいただいた、のではないか、という結末でした。

 

仏教の瞑想は、たしかにいいことですが、これを優先させて、本来やるべき自分の仕事を疎かにするのは、違う話だと思います。

 

瞑想を始める前は、瞑想をスムースに始められるように、日々の雑事をきちんと事前にこなし、きれいにすることで、瞑想に取り組む、これが順番だと思います。

 

 

仏教徒の陥りやすいワナは、仏教や瞑想に依存することですね。

 

見分け方は「自分を見失っている状態」に気づけば、ヤバイということで。

 

テキスト引用

しかし、いかに「いいこと」でも、それに依存すれば、やはり自分を見失っていくのです。

 

 

 

個人的に好きなメッタスッタンから

  • 2.
  • Santussako ca subharo ca appakicco ca sallahukavutti;
    サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパ キッチョー チャ サッラフカ ヴッティ
    santindriyo ca nipako ca appagabbho kulesu ananugiddho.
    サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパ ガッボー クレース アナヌギッドー
    足ることを知り、手が掛からず、雑務少なく、簡素に暮らし、諸々の感覚器官が落ち着いていて、賢明で、裏表がなく、在家に執着しないように。

 

出家に言ってる言葉なんですけど、日々なるべく雑務少なく簡素にすれば、執着や依存から離れやすくなれるのでは。

 

仏教徒は仏教に依存がヤバイです。