ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

何物にも依存しない生き方

短いので全文引用

「捨てる」ということは、「何物にも依存しない」ということです。

それは単に、ものに頼らないことだけではありません。

神であろうが仏であろうが、まったく何物にも依存しない生き方なのです。

それが真の自由ということです。

 

 

 

この本を思いだしました。

 

[増補版]手放す生き方【サンガ文庫】

[増補版]手放す生き方【サンガ文庫】

 

 

アーチャン・チャー長老も、とてつもなく難しいことをあっさりおっしゃる方です。

すごいです。

 

 

どこで見つけたかわからないのですが。

アーチャン・チャー長老が弟子とお寺まわりの掃除をしていて、重い切り株?か何かを手に持って移動しなければならない。

 

で、移動場所にきて、それを手から放します。

 

で、長老は、

「放したから軽くなったでしょう」と、弟子に言います。

 

 

これだけの話なのですが、私たちの普段の生活は、たくさんのモノや事を、掴んで離さない状態なのだと思います。

 

多くを手放している出家している弟子にも、このように言うのですから、在家はなおさらです。

 

いきなりすべて手放すのは、うまく出来ないと思いますので、まずはいらないものを手放してみる、→いい気分になる→次もやってみる→いい気分になる→次を手放してみる。

 

この繰り返しでやってみたいと思います。

 

 

ある境地に達した長老は、むずかしいことをあっさりおっしゃいます。

油断せずに精読です。