ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

如来とは 『ブッダの教え一日一話』

「如来」というといろいろな言葉というか仏像なんかを連想しそうです。

 

「阿弥陀如来」とか、えーと、こんなにたくさんの「如来」があります。

下記に大乗仏教の「仏」や「如来」とか「菩薩」とか「観音」とかが載ってます。

ja.wikipedia.org

 

大乗仏教、創作しすぎ、妄想しすぎ、やりすぎです。

 

 

もっと、わかりやすく単純に。

 

全文引用します。

如来は、パーリ語で「タターガタ」と言います。「タターガタ」」には二つの意味があります。

一つは、真理に達したという意味。

もう一つは、真理から来たという意味。

そしてブッダ自身で、「タターガタ」の定義をしています。

自分が他人に説くのは、すべて自分が行っていること。自分が行ったことを他人にも教える、ということです。

「言うとおりに行う」「行っているとおりに言う」という意味で「タターガタ」なのです。

 

如来「タターガタ」の意味は以上です。

 

 

せっかくだから下記にて「タターガタ」について深く学びましょ。

j-theravada.net

 

お釈迦様の「タターガタ」の定義になります。

上記リンクより引用です。

Yathāvādī, bhikkhave, tathāgato tathākārī, yathākārī tathāvādī. Iti yathāvādī tathākārī, yathākārī tathāvādī. Tasmā ‘tathāgato’ ti vuccati.
比丘たちよ、如来はどのように語ろうがその如く行なうのです。どのように行おうがその如く語るのです。語る如く行う。行う如く語る。従って、如來と言うのです。

 

うむ、シンプルでいいです。

経典読んで、お釈迦様の言う通りに実践すればよい、ということです。

ややこしい妄想はありません。

テーラワーダ仏教徒で良かった。

 

 

 

 

月末は「タターガタ」について語るテキストです。