ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

相手に判断をゆだねる 『ブッダの教え一日一話』

そうですね、お釈迦様の教えに「押しつけ」はありませんね。

 

「どうぞ、お調べください」ですね。

 

テキスト引用

ブッダの説法は、「そのようなことをするのは、こういう理由でよくないし、悪い結果が出る。このようなことをすれば、こういう理由でよい結果が出る」と、あくまでも提示するだけです。

中略

ブッダは押しつけることはまったくない。聞く人には、いつも自由があります。仏教徒は自由な人間なのです。

 

 

逆に「押しつけ」がある人とか団体は怪しんだほうがいいと思います。

考える自由を侵害したり、人権を侵害したり、科学的でなかったり、理性的でなかったり、宗教感情を優先するところは要注意です。

 

いつもヤバイのは宗教ですね。

 

ずれにずれて、やっと3月分を終了しました。

テキストです。