ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ゴキブリにも堂々と生きる権利が 『ブッダの教え一日一話』

テーラワーダ仏教徒になって意識的に殺生をしなくなりました。

 

うちの台所にゴキブリが紛れ込んだら逃がしてあげますし。

なるべくなんでも逃がしてあげます。

 

ゴキブリというか、昆虫はよく見るとかわいいです、精いっぱい生きてます。

 

これを自分が「気持ち悪い」とかいって、ハエたたきなんかで、殺生するのはヤバイですね。

 

殺生自体もヤバイけど、「殺そう」という気で殺そうとしますし、ハエたたきを振り下ろすときは「死ね!」と心の中で思ってやるんでしょうね。

 

びっくりするくらい、いいことが一つもありません。

 

あと「生きる」ということですね。

 

人間世界一般的には「生きる」って素晴らしい!ですけど、仏教では「それほどでも・・」です。

 

けっこう殺生して食べて生きてますもんね。

そうしないと生きてられないし。

生きるということは、他の生命を奪うということですね。

 

 

 

テキストでは「生きる」ことの恐ろしさを説いてます。

生きるということは、他のいのちを奪っていることです。生きるということは、それほど立派なものだと思わないほうがいい。むしろ、恐ろしい行為だと気づくことです。

 

 

私見で恐縮ですが、生きていること自体ヤバイので、この場合、慈悲の瞑想が効きます。

 

生きとし生けるものへの慈悲しかないんですよね。