ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

番外編 忘れないうちに覚え書き

初めての経験だったので、書き記すことにしました。

 

3月27日(金)

夜、ちょっと熱っぽい感じ、咳とのどの痛み、風邪かな、と思う。

 

3月28日(土)

朝、37.5度あり、行きつけの耳鼻科クリニックへ

新型コロナの対応もあり、熱もあるので、別室で待機、診察。

喉、咳、抗生剤、解熱剤、の薬をもらう。

昼に解熱剤を飲む、20時に37.4度

 

万が一に備えて、家族と部屋を分け、細かく検温することにする。

 

3月29日(日)

2時頃 38度 解熱剤を服用

6時から15時まで、37度以下

16時37.9度 解熱剤を服用

17時38度

18時~翌日16時まで37度台

 

3月30日(月)

16時 38.8度 解熱剤を服用

18時~翌日13時まで37度台

 

3月31日(火)

17時 39度 解熱剤を服用

19時~翌日16時まで37度台

 

 

 

4月1日(水)

いきなり医療機関に行くのはまずいのではないか、ということで、保健所の帰国者・接触者相談センターに電話。

37.5度以上が4日間続くことを伝える。

28日に受診した耳鼻科クリニックにも相談したが、保健所に相談してほしいとのこと。

4月2日(木)にPCR検査決定

 

 

いつもの受診行動なら、熱が続いたらすぐに病院に行って診てもらう、ということなのですが、現在は違います。

 

いきなり行くことはいけないのではないか、ということで

 

市のホームページで受診方法を確認しました。

電話相談窓口の図

 

私の場合は、「帰国者・接触者センターへご相談下さい」になります。

 

4日以上37.5度以上の熱が続いてます、しかし帰国者ではないですし、陽性の方との接触もないし、保健所が示したクラスターの場所も行ってないです。

 

で、陽性にてしても、陰性にしても、新型コロナの検査を受けなければ、体調の不具合の診療を受けることができない、ということです。

 

陽性だったら、保健所の指示通りにしなければいけないですし、陰性だったら通常の医療機関で診てもらい、新型コロナ以外の原因を診てもらう、ということです。

 

で、電話しました、上記の件を伝えたら、あっさりと、翌日に検査が決定しました。

 

 

ただ、問題を感じました。

健康に不安、持病を持っている方は2日で電話ということですが、私は4日間待ちました、この4日間ですが、けっこうしんどかったです、結局、陰性がわかり医療機関を受診するまで2日かかりましたので合計6日間待ちました。

 

なぜ4日間なのでしょうか?

 

もしかしたら悪化する方もいるかもしれない。

 

また新型コロナは軽症の場合もあるということで、4日間37.5度以上に該当しない、ということで、万が一陽性で軽症の方は、ここには来ないということです。

 

あと、市のホームページを見れば、「自分は該当するな」という方は、電話をしますが・・・、ホームページを見ない方もいます。

 

日本人のほとんどの方の受診行動は、「体調が悪くなったら病院に行こう」です、ほとんどの方は病院に行くと思います。

 

病院では、万が一に備えて、防備して迎えることになります、でも、医療関係者は感染の危険に晒されることになります。

 

ですから、自分の体調が怪しかったら、先に検査ありき、だと思います、陰性でも陽性でも、そうすることで自分の身を守り、まわりの方々を危険にさらす可能性を減らすことができます。

 

市は、速やかにPCR検査をしてくれました。

 

とても良かったと思います。

 

 

でも、他府県では信じられない話があるんですね。

下記は本当のことでしょうか?

 

医師が検査を要請したのに保健所が拒否

ある意味、医療不全、公衆衛生の崩壊ですね。

 

 

軽微でも体調不良を自覚された方が、速やかにPCR検査を受けることができる仕組みにしたほうがいいです、まず検査をしないと陽性にしても陰性にしても、何もできませんから。

あと、保健所は発生状況に関する、一番大事なデータを得ることができます。

 

4月2日(木)

11時半頃 保健所でドライブスルーのPCR検査

 

4月3日(金)

10時半 保健所より電話 「陰性」とのこと。

陰性の場合、新型コロナ以外の原因の疾病、保健所では医療機関の紹介はしていない、自分で探してほしい、とのこと。

 

午後、市内の医療機関に事前に電話、症状とPCR検査は陰性だったことを伝える、病院に行き受診する。

結局3月28日(土)から4月2日(木)まで、6日間待っての受診でした。

 

現在は、だいぶ落ち着きました。

皆さまのおかげです、ありがとうございました。