ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

まわりの調和を壊し自分が苦しむ 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用

個人が充実感を感じるか不満を感じるかによって、社会の平和が左右されるのです。

 

 

 

私見です。

 

自分が苦しんでいると、まわりの調和を壊すことになります、で結局自分に回ってきて、また苦しむことになります。

 

苦しみの原因を他人や社会のせいにすると、社会を恨んで生きていくことになります、でも、結局、自分に跳ね返ってくるので、また苦しみます。

 

 

 

 

 

「充実感」がキーワードのような気がします。

 

 

ああー、そういえば本を持ってました。

 

「充実感」に関してわかりやすく、かといって徹底的な法話です、深く深くわかります。 

 

いい本です。

 

キンドルで99円で読むことができます。

 

 

 

本から引用します、お釈迦様と、そのお弟子さんの「充実感」の境地です。

 

(前略)精進とはむちゃくちゃ頑張ることではないのです。

お釈迦様はおっしゃいました。「この一秒、この一分でやるべきことをやっておきなさい」と。これが仏教でいう「精進」です。

(中略)

お釈迦様とお釈迦様の弟子たちは、人々が捨てたものを食べ、木の下で寝て、「私こそが幸せだ」と言ってました。なぜなら、貪らず怒らず智慧を持って一瞬一瞬、充実感を味わいながら生きていたのですから。 

 

上記の境地には未だ、きていないです。

下記だったら私にも出来そうかな。

 

本から引用します。

では、いったいどうすれば心に喜びが生まれるのでしょうか?それには「終わった」という気持ちが必要なんですね。「やったよ、終わったよ」という自慢に思えるような気持ち。めまぐしく回転している心には、終了宣言が必要なのです。

 

せめて、日々の仕事や些細な作業に「終わった!」という喜びを見出したいです。

少しは社会の平和に貢献できるでしょうか?