ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

他の生命の役に立つ 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用

他の生命の役に立ったら、それが仕事になります。そして自分も支えられることになります。

 

 

話は思いっきり変わります。

 

新型コロナウイルスの状況です。

 

4月18日(日)時点

検査数

104321人

 

感染者数

10034人

 

退院者数

1580人

 

死亡者数

206人

 

いまだに増え続けていて、先の見通しがつかない状況です。

 

 

協会の指針です。

j-theravada.net

 

 

人間はやっとのことで生きてるのですから、皆で手をつないで、協力しないと生きていけない、これと逆のことをすれば、結果は悪いのは明らかです。

 

先生の話を聞くと、別に新型コロナ関連があってもなくても、おしゃっていることは、いつも通り、ブレがないことがわかります。

 

すぐに大きなことはできませんが、身の回り、目の前にある、小さなことから、いつも通り「役に立つ」ことをやってみたらどうですか?ということですね。