ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

いのちに対して何ができるのか 『ブッダの教え一日一話』

引用

生命に対して何ができるのか、どのように役に立つのかということをつねに考えていけば、能力はどんどん開発されるのです。

 

やばっ

真剣に考えことないかもしれません。

 

仕事や家庭とか一般生活の中、かなり狭い範囲で、やってきました。

能力が上がったという感じが無いです。

役に立つ、立たないを自覚することなく、うーむ、放逸状態だったのでしょう。

 

 

 

せめて、今日できること、いまの自分にできること、目の前のやるべきこと。

 

一日、家にいるようにします。

あっ、せめてスーパーでの食料品に買い出しには、行かせてください。

 

 

2020年4月24日時点

 

感染者数

13433人

 

死亡者数

343人

 

 

 

 

新型コロナでも役立つ本です。