ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

親孝行できる人 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用

親に頼らない人が、親孝行しているのです。

はやく自立して、親に頼らないようになった人は、ちゃんと親を喜ばせます。

 

先生の法話で

「親の恩は一生返せない」

「阿羅漢に接するように、親に接する」

とありました。

 

 

幸い親から自立して生活してます。

親も元気です、ありがたいです、まだ親孝行できます。

 

で、自分も親になったので、子が自立してくれると嬉しいものです。

親になってみるとわかります。

 

 

下記に子が親にできること、親が子にできること、の法話があります。

シガーラ経ですね。

j-theravada.net

 

 

 

 

 

他の宗祖仏教は知りませんが、仏教はかなり細かく、みっちりと具体的に人間関係のことを説いてます。

 

 ああー、キンドルになってしまったんですね。

 

 

仏教はいつでも具合的です、書店に行っていろいろな人間関係のハウツー本を漁らなくてもだいじょうぶ。