ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

自分が悪くないのなら幸せなはず 『ブッダの教え一日一話』

引用

他人のアラを自分の不幸の原因にして、自分は悪くないと思っています。

しかし、自分が悪くないならば、ほんとうは幸福なはずなのです。

 

バリバリ私見です。

 

この言葉「ドキッ」とします。

 

「自分は正しい」「自分は悪くない」「相手が悪い」と思っているなら、ほんとうはあなたは幸福でしょ?

 

でも、幸福感を感じることができない。

 

その理由をきちんと説明できますか?

 

幸福感を感じることができない、ということは、悪いことをやってるんでしょうね。

 

その悪いことに気づいて、治すしかないのですが、私自身も気づかぬうちに、このワナに嵌ることがあります。

 

 

ワナから離れるヒントとなる法話

 

物事は不完全

生命のかわいそうな仕組みについてのお話です。

www.dananet.jp

 

 

 

結局、自分のことを棚にあげて、他人のことをあーだ、こーだ、と言うこと自体、ヤバイ行為だから、生命のかわいそうな仕組みを実践してるのですから、幸福感は無理ですね。