ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

死にそうな人に対して 『ブッダの教え一日一話』

引用

前略

「いろいろ楽しかったね」「あちこち行ったよね」と世間話をするのもいい。

そして、「あなたはよくやってきたね。ほんとうに親切にしてくれた」と感謝しほめればいいのです。

人は、感謝されると、「自分なりにこの人生をがんばってきたのだ」と満足するのです。

 

 

 

私見です

 

こういった場面に会ったことはないです。

 

でも頭の中では。

 

たくさんの生き死にを経て、この方と出会って、別れようとしている。

どこへ旅立つかわからないけど、別れるときは、感謝と楽しい気持ちで。

 

 

 

最期の最期に、どういった態度で? どういった心で?

という話が下記にあります。

j-theravada.net

 

 

私は「あっ、やっぱり輪廻はやだ」と思いました。