ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ゴミの量を競う人々 『ブッダの教え一日一話』

引用

人は「どうでもいいことに」にかこつけて、相手を潰そうとしたり、自分の強さや正しさを示そうとしたりします。

 

 

私見です

 

 

人間は真理が嫌いで、『我々のほとんど多くは、証拠にもとづかないことを、貪瞋痴にもとづいて「信じよう」としてますね』と昨日書きました。

 

私もその一人ですが。

 

根拠に無いことを貪瞋痴にもとづいて信じるのは勝手ですけど、もっと悪いことに、それで他人とケンカをしようとするのですね。

 

根拠にないことを貪瞋痴にもとづいて「自分が正しい」と思う人間はタチが悪く、悪いことにけっこう最強です。

 

うむ、私はケンカまではしませんが・・・。

 

 

テキスト後半引用

好き好んで争いをしかけて、そのうえ「争いがあるから苦しい」と、文句まで言います。人間はそういう矛盾した存在なのです。

 

 

 

 仏教では、「やらないほうがいいですよ」ということをきちんと決めてます。

 

五戒とか。

 

 

下記に先生が、日常生活の身近なことに即して五戒についての法話があります。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

慈悲の瞑想も

j-theravada.net

 

 

以上の二つを実践するだけでも、ゴミに塗れた生活から離れることができそうな気がします。

 

 

 

 ゴミまみれの生活にガツンとくる本です。