ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

凝縮された真理 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用

ブッダは真理とは「普遍的でなければいけない。矛盾があってはいけない。例外があってはいけない。だれもが実践できることでなくてはいけない」と述べています。

アインシュタインの相対性理論が「E=mc²」という単純な式に表されるように、真理というものは、凝縮された表現になります。

 

私見です

 

真っ先に思い浮かぶのは三宝の徳の偈文

「法の六徳」ですね。

 

Svākkhāto bhagavatā dhammo

スワーッカートー バガワター ダンモー

世尊の法は ①善く、正しく説き示された教えです。

 

Sandiṭṭhiko Akāliko

サンディッティコー アカーリコー

実証できる教えです。③普遍性があり、永遠たる教えです。

 

Ehipassiko Opanayiko

エーヒパッスィコー オーパナイコー

「来たれ見よ」と言える確かな教えです。⑤実践者を涅槃へ導く教えです。

 

Paccattaṃ veditabbo viññūhī ti.

パッチャッタン ヴェーディタッボー ヴィンニューヒー ティ

賢者たちによって各自で悟られるべき教えです。

 

Dhammaṃ jīvita pariyantaṃ saraṇaṃ gacchāmi.

ダンマン ジーヴィタ パリヤンタン サラナン ガッチャーミ[以上の徳が具われる]ダンマに、私は生涯帰依します。

 

引用元は下記になります。

j-theravada.net

 

 

上記の偈文からは、お釈迦さまの教えは

 

善く、正しく説示されている教え

 

そうですね、お釈迦様の教えは具体的です、曖昧なところはありません。

 

実証できる教え

 

自分で実践できます、変な言い方で恐縮ですが、実践して不利益を被ったことはありません、世俗的な、経済的な不利益はありますけど、自分の心への不利益は無いですねえ。

 

普遍性があり、永遠たる教え

 

後述します。

 

「来たれ見よ」という確かな教え

 

 

お釈迦様の教えの概要を伝えている偈文です。

 

どこにも「信じなさい、信仰しなさい、信じればいいことがあります」なんて言ってません、教えの特徴を伝えているだけです。

 

で、気になる言葉は

「Ehipassiko」エーヒパッスィコー

「来たれ、見よ」です。

 

本があります。

f:id:oldmanbuddhist:20200613063818j:plain

 

 

うむ、施本なので、どこにも売ってないみたいです、欲しい方は協会にお問い合わせください。

 

本から先生のお話を引用します。

先に結論を申しますと、なぜ(仏教は)「誰でも理解できる」と言うのかといいますと、仏教はどんな人にも関係があり、すべての人に共通することを教えているからです。人だけではなく、神々や動物、生命全体に共通することを説いているのです。すべての生命に関係があることですから、だれでも「わかりやすいはず」です。「わかりやすい」ではなく、理解しようとしない人には理解できませんから、「わかりやすいはず」と言っておきましょう。

 

 

本では、「Ehipassiko」「Come and See」「来て、見てください」

上記を主題に先生の法話が掲載されています。

 

 

で、お経の3番目

「普遍性があり、永遠たる教え」

真理ということですね。

本ではさらっと書いてます。

四聖諦の一番目の苦聖諦。

 

引用します

苦聖諦とは、次の八つです。

 

生まれること

老いること

病気になること

死ぬこと

好きな人と別れること

嫌いな人に会うこと

思い通りにならないこと

執蘊(色・受・想・行・識)を持つこと

 

「こんなの当たり前じゃん」と思う方もいるでしょう。

でも、私も含め、世の中は、これを認めようとしないのですよ。

 

バカな私はこの「苦」を、やっと認めようとしている最中です。

 

 

 

で、仏教はこの「苦」を解決する道を説いた教えです。

 

 

 

うむ、ここまで書いて、「わかりやすい」より、「わかりやすいはず」だと実感した次第です。